雑誌情報

テーマ

生きる
Live
retrieverテーマ
犬は飼い主にとって子供同然。
日常の健康管理や長生きをさせるための方法を
飼い主はとことん追求します。

犬のことを”ウチのコ”と表現する飼い主が多いように、犬は飼い主にとって子供同然の存在となっています。
そんな飼い主の達の一番の関心事は、健康管理や病気のケア。最愛の相手として、また言葉が通じない相手であるがため余計に愛犬の健康には細心の注意と気配りを怠りません。
「RETRIEVER」では、日進月歩の獣医学を追うのはもちろん、飼い主のメンタル的な部分もサポートします。


暮らす
Life
retrieverテーマ
レトリーバーを家族として迎えると 環境、生活のリズム、そして住まい 飼い主の生き方が変わります。

レトリーバーを家族として迎えると環境、生活のリズム、そして住まい飼い主の生き方が変わります。
犬を家族として迎えると、犬の居住スペースを設けることはもちろん、においや抜け毛などの対策や、暑さ寒さの調節など、必然的に住まいの環境が変わります。
また、朝夕散歩に行き、時には病院へ足を運び、生活自体も犬中心のものになります。
「RETRIEVER」では、人間と犬がともに快適に過ごすために必要なことを、わかりやすく伝えることで、犬と人のよりよい暮らしを応援します。

買う
Buy
retrieverテーマ買う
犬は飼い主にとって子供同然。
日常の健康管理や長生きをさせるための方法を
飼い主はとことん追求します。

レトリーバーを家族として迎えると環境、生活のリズム、そして住まい飼い主の生き方が変わります。 犬を家族として迎えると、犬の居住スペースを設けることはもちろん、においや抜け毛などの対策や、暑さ寒さの調節など、必然的に住まいの環境が変わります。 また、朝夕散歩に行き、時には病院へ足を運び、生活自体も犬中心のものになります。 「RETRIEVER」では、人間と犬がともに快適に過ごすために必要なことを、わかりやすく伝えることで、犬と人のよりよい暮らしを応援します。

楽しむ
Enjoy
retrieverテーマ買う
レトリーバーを家族として迎えると 環境、生活のリズム、そして住まい 飼い主の生き方が変わります。

休日は海や山でアウトドアを楽しむ。飼い主は趣味を犬と共有しアクティブなドッグライフを送っています。
レトリーバーの飼い主は休日になれば海へ、山へと繰り出します。湖へキャンプに出かけたり、山歩きを楽しんだり、サーフボードに一緒に乗るなんて人も少なくありません。
犬と飼い主が一緒になってアウトドアを楽しめるのは大型犬の特権。だからこそ飽きずに、毎週のように飼い主達は犬と外出するのです。
「RETRIEVER」はそんな飼い主達に、レトリーバーならではの楽しみを提案します。

レトリバー雑誌の見開きイメージ犬を飼うためのノウハウを教える勉強本ではなく、
犬との暮らしを楽しむための誌面作り。
それが「RETRIEVER」のモットーです。

しつけ、病気、食事。犬専門の媒体では、これらが企画の3本柱となっています。「RETRIEVER」でも、それらはもちろん人気企画ではありますが、それだけでは足りない、と私達は考えます。 犬と暮らす時に生まれる問題点を解決するのに留まらず、一緒に出かけたり、趣味を共有したり、さらなる楽しみを見出したりて・・・。
人生を楽しむパートナーとして犬を捉え、犬と人が何をできるのかをベースに、暮らしをさらに充実させる方法を提案していきたいと考えています。

ブームではなく、文化をサポート。
「RETRIEVER」は時代に流されない
ライフスタイル専門誌です。
「RETRIEVER」は、ゴールデン、ラブラドールを中心とした、レトリーバー種の専門誌です。短犬種にこだわる理由は、レトリーバーが家族の一員として、最も適した犬種のため。 初めのしつけをきちんとすれば、手もかからず、陽気で明るい性格は家族に笑いをもたらし、豊かな表情は言葉が通じなくてもコミュニケーションを可能にし、何と言っても、人間に対する愛情がとても深い。こんな犬種は他にはいません。だからこそ、安定したフリーク達が存在するのです。 流行の犬種やトピックを取り上げるのではなく、文化としての犬社会をサポートする。「RETRIEVER」は単なる犬雑誌にとどまらない、ライフスタイル提案誌を目指しています。
雑誌見開きイメージ

「RETRIEVER」の読者はこんな人達です。

レトリーバーの飼い主達は、犬を育てる以外にも趣味を持ち、また犬との新しい楽しみ方にとても敏感です。

レトリーバーを飼うためには、犬そのもの以外にも、住まい、環境、クルマなど、さまざまなお金が必要です。

同じ愛犬家、特に犬との暮らしにこだわりを持った人達のライフスタイルに興味を持ち、積極的に自分の生活に取り入れます。

page top